育毛剤の効果が発揮する時間

髪に悩みを持つ人は増えてきています。それは最近年齢に関係なくあります。それに伴い、売られている育毛のための商品も増えています。
そこで髪に元気を与え育毛を促すためにいざ育毛剤を買っても、使い方次第で効果は変わってきます。

使い方は商品に書かれている使用方法を見て使用しますが、いつつければ効果が大きく得られるのかは次のようになります。

基本的なことですが、薬剤は頭皮につけます。髪に元気がない、薄いからといって髪につけても効果はあまりありません。髪ではなく頭皮につけるように注意します。髪の薄くなった部分や気になる部分につけるようにします。それからマッサージをします。このとき頭皮全体にすり込むようにし、しっかりとマッサージをすることで頭皮の血行も良くなって、髪の育毛との相乗効果が得られます。

そしてこの作業を行う時間帯が大切になってきます。

育毛で一番大切なのは夜です。

それは頭皮がお風呂に入りシャンプーをした後できれいになっているからです。夜お風呂に入って時にシャンプーで頭皮をきれいにすることで血行が促進されています。この状態で育毛剤を使うと薬剤の吸収が良くなるのです。また夜は、髪の成長を促す副交感神経の働きが最も盛んになります。つまり髪は夜に成長するのです。その中でも特に午後10時から午前2時が、最も活発に髪の生成が行われる時間帯なのです。

従ってこの時間になる前にシャンプーをして育毛剤を使ってマッサージをしておくと、得られる効果が大きくなります。1日に2回使用するというものも多いので、その場合は朝に1回つけて夜はシャンプーをしてからつけるというのがよい方法です。清潔が大切ですが髪の洗いすぎも育毛には良くないので、朝はシャンプーをしないでつけるのがいいです。